まだ間に合う、薄毛治療。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーというのは、AGAやFAGAを治療してくれるクリニックで行われている治療方法のひとつである。もともとメソセラピーという医術があって、それが薄毛治療に適用されているのが育毛メソセラピーである。
特に、美容についての治療を行う分野で、メソセラピーという医術は発達したものである。美容整形とか、その手の分野である。
具体的には、メソセラピーは注射などを使って身体の一部分だけに影響を及ぼすという治療方法で、ほかの部分をいじることなしに、そこだけを変えることが出来る。そういうふうに薬品を注射したり浸透させたりするのである。
美容成分を、特に美しくしたい部分に注射するということが、美容外科などでは行われている。

「育毛メソセラピー」という名前が付いているからには、このメソセラピーは育毛に効果をもたらすメソセラピーでなければならない。そして、みんなが頭の育毛で悩んでいるのだから、メソセラピーを加えられる「一部分」は、その人の頭でなければならない。当然のことだろう。
実際、育毛メソセラピーは頭皮全体をカバーして薬剤を使い、薄いものを濃くしようとするものである。
注射を使って薬剤を注入するという方法があり、レーザーを使うという方法がある。特に後者の方法は、針を使わずに薬剤を頭皮に注入して浸透させることが出来るので、「出来るだけ軽い負担でやりたい」と思っている人に適している。
レーザーを照射されることによって、頭皮には人が感知できないような小さな、とても小さな穴がいくつか開く。そこに、頭皮を活性化させる薬を浸透させていくのである。穴を開けるだけで身体の組織を傷つけることはないし、出血もない。
ただ単に薬を塗ってもらうような感覚で、薄毛治療をしてもらうことが出来るのである。

もちろん、頭全体の薄毛治療のためにメソセラピーを依頼してもいいし、一部分だけの育毛のためにメソセラピーを利用してもいい。