まだ間に合う、薄毛治療。

薬で治す薄毛

薬を飲めば髪が生えてくる。髪が太くなる。薄かった頭が濃くなる。頭部の輪郭がハッキリする。カッコ良くなる。そんな、夢みたいな話がある。
男性用の薬もあるし、女性用の薬もある。薄毛治療を手がけるクリニックに行くと、処方してもらうことが出来る。

ちょっと前まで、いわゆる「毛生え薬」と呼ばれていたのは頭にふりかけるタイプのものだった。ちょっとした独特の匂いがあり、敬遠されることもなきにしもあらずだった。
もちろん、ふりかけるタイプの育毛剤もさまざまな製品が開発されていて、それほど付けても気にならないものもある。しかし、何と言っても「飲める」というのは手軽でいい。
この薬には、頭皮に影響を与えるという効果がある。髪を生やしてくれなくなった頭皮、髪をよく育ててくれなくなった頭皮に働きかけるのである。
具体的には、血流を良くして頭皮を活発に働かせるというのがその目的である。クリニックの治療の中で頭皮マッサージが行われることがあるが、これも血行を良くするのを目的としているものである。
髪は、良い血の巡りのもとで初めて、フサフサに生えてくるのである。
このように、頭皮に対して効果を上げる薬がある一方、髪の毛自体の強さを増強する働きを持つ薬もある。例えば、女性に特有の薄毛であるFAGAは髪が細くなって頭髪が薄くなって見えるものである。
これを、薄毛治療の薬が改善してくれる。頭皮から毛根を作る器官を刺激して、濃く太く強い髪の毛を生やしてくれるのである。

また、特にAGAの治療に使われている薬として、ホルモンの働きを抑え、バランスよく作用させることを目的として使われる薬もある。男性ホルモンのうち、髪に与える影響にだけ効果を発揮し、ホルモン自体は役立てながら薄毛にはならないようにするのである。