まだ間に合う、薄毛治療。

薄毛、その原因

形あるものは、いつかそれをこの世から消してしまう。それは、世の中の摂理というものである。季節をまたいで、花は咲き続けることが出来ない。春の終わりは、桜が散るときに訪れる。
その代わりに、枝には新しく葉が茂り、夏の間は青々としたみずみずしい輝きを見せてくれるのが植物である。
びっしりと生え、やがてまばらに抜けて薄くなり、やがてすべて散って丸裸になる。それが、一本の樹木が巡るサイクルである。散るのと同時に新しい芽吹きがあり、そうやって命は循環していく。
しかしここに、薄くなってしまったら薄くなってしまったまま、抜けてしまったら抜けてしまったまま、というものがある。そう、人の頭である。

現代の若者たちが悩んでいる薄毛の原因はどこにあるのか?それについて考えるには、「現代」という時代について考える必要がある。なぜなら、少し前までは薄毛や禿頭と言えば、年をとった男性の専売特許だったのである。
現代になってから急に若者たちの頭が寂しくなっていたのは、時代にその理由が隠されているに違いない。
そして実際、それは間違っていないのである。

薄毛治療を手がけるクリニックでは、薬が処方されたりその他の治療法が試されたりするが、必ずと言っていいほど、ドクターの「生活習慣を見なおしてください」というセリフに出会うことになる。
ドクターはムダ話をしない。必要なことを的確に知らせてくれる。だから、その言葉にも意味がある。生活習慣を見直すことが、薄毛治療につながるのである。

現代に特有の生活習慣の中に、薄毛の原因は隠されていると言っていいだろう。例えば栄養の偏った食生活に。短い睡眠時間に。無理なダイエットに……。
それらが、頭に働きかけるのである。悪い影響をおよぼすのである。散らなくていい花が、それらによって散ってしまうのである。